青汁は使われている主原料がとても大切

なぜ青汁にはケールや大麦若葉がつかわれるの?

青汁には現代人に不足しがちな食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

原料となるケールという植物は非常に多くの栄養素を含み、現代人には理想的な栄養バランスだと言われていますが、最近ではケール以外にも様々な植物が原料として使用されているようです。

その一つに大麦若葉という植物があります。ケールとは含まれている栄養分が異なるため、組み合わせて配合されている事が多いようです。

ケールに含まれる栄養素としては、カルシウム、カロチン、ルテイン、GABA、葉酸(ビタミンM)、ビタミンB、ビタミンEなどが豊富に含まれます。

これにたいして大麦若葉には、鉄、カリウム、食物繊維、ビタミンA、マグネシウムなどが多く含まれています。

ですから、ケールと大麦若葉の両方を配合した青汁は、従来の青汁やどちらかを配合した青汁に比べて非常に栄養が豊富だと言えるでしょう。

では青汁はどのような人に向いているのでしょうか。まずはダイエットをしている人にはかなり向いていると言えます。

これはダイエット効果があるという事を言っているのではありません。飲むだけでダイエットができるというような都合の良い事はありません。

運動や食事制限によってダイエットをするときに、その補助食品として必要な栄養素が十分に含まれているということです。

サプリメントやドリンク剤とは違って、カロリーをほとんど含みませんし、食物繊維をたっぷり含んでいますから、ダイエット効果だけではなく、便秘解消にも効果があるでしょう。

その他にも、色々な青汁があります。青汁などのサイトでも紹介していますが、青汁にはそれぞれの製品ごとに特徴があるようです。

例えば、酵素を含むものも販売されていますし、乳酸菌を含むものも販売されています。

ですから、腸の働きを政情にしたいというのなら、乳酸菌が含まれたものを飲んでみるなど、自分の状態に合わせて選んでみるのが良いと思います。

青汁についてもう一つ注意しておきたいことは、原材料についてです。

ケールにしても大麦若葉にしても、国産のものがよいでしょうし、無農薬のものが良いに決まっています。海外のケールや大麦若葉を使用したものは、国内に運んでくるまでに品質が低下してしまいます。また、品質が低下しないように酸化防止剤や防腐剤、あるいは農薬などがまかれているかもしれません。信頼できるメーカーの安全なものを選びましょう。

先頭ページ 青汁を選ぶ